「ヒト幹細胞培養液」

「ヒト幹細胞培養液」はヒト由来の幹細胞の分泌成分で、サイトカインや酵素、ECM構成タンパク質などの生理活性物質が
豊富に含まれています。老化によって活性の低下した細胞を呼び覚ます賦活成分として、様々な効果を発揮します。
当社の「RemyStem」は、コラーゲン・ヒアルロン酸生合成促進、シワ改善・防止、美白、線維芽細胞増殖、幹細胞増殖、表皮細胞増殖、
増毛・発毛
など、アンチエイジングを実現する様々な効果が確認されています。
アンチエイジング株式会社はヒト幹細胞培養液をはじめとした次世代のスペシャリティ素材をご提供しております。

アンチエイジング社のヒト幹細胞培養液について

弊社はヒト脂肪由来間葉系幹細胞を用いた順化培地「幹細胞培養液」の国内化粧品業界における
パイオニアです。初めてヒト幹細胞培養液を日本に持ち込み、化粧品として利用できるように
化粧品原料の表示名称を登録しました。それ以来、ヒト幹細胞培養液の良さを多くの人に実感
していただくため活動しています。

化粧品原料としての「幹細胞培養液」とは何か?

幹細胞は様々な細胞に分化できる能力を持っています。そのため、幹細胞は様々な細胞が分泌するタンパク質を分泌することができます。幹細胞を培養液中で培養している時に、そうしたタンパク質を分泌させ、その効果を化粧品として活用できるようにしたものが幹細胞培養液です。
RemyStemはヒトの脂肪細胞の中にある幹細胞を取り出し培養した後の培養液です。もともとヒトの身体の中にある細胞が分泌するタンパク質なので、非常になじみがよく安心して利用できます。その反面、非常にデリケートな物質なので、化粧品原料として上手く利用するためには、様々なノウハウが必要です。

「幹細胞」とは何か?

私たちの体の細胞は、自分と同じ細胞に分裂することはできますが、別の種類の細胞に変わることはできません。筋肉の細胞は筋肉に、脂肪の細胞は脂肪としてしか増殖することができません。しかし、細胞の中には別の細胞に変わることができるタイプがあることがわかりました。それが幹細胞です。

普段はあまり働いていないように見える幹細胞ですが、例えば皮膚が傷つけられたときには、近くにある幹細胞が皮膚の細胞に変わり、傷の修復を助けます。このように他の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞が幹細胞です。ただ、幹細胞は自分が変わるだけでなく、傷の修復をしている他の細胞に対して様々な指令を出します。

その指令は成長因子と呼ばれるタンパク質や、エクソソームと呼ばれるカプセルのような形で、幹細胞から他の細胞に送られます。それが目的の細胞の受容体(レセプター)に結合すると、受け取った細胞は、傷の修復を活発に行うようになります。

なぜ幹細胞の培養が始まったのか?

様々な細胞に分化することのできる幹細胞は、病気やケガで失われた臓器や組織の機能を回復するために、盛んに研究されています。人の体から幹細胞を取り出して、数を増やすために培養して、増えた幹細胞を同じ人の体に戻すということが、すでに日本でも行われています。

こうした研究の中で、幹細胞を培養した後の培養液の中に様々なタンパク質が含まれていることがわかってきました。幹細胞を使用しないで幹細胞培養液のみによる研究が始まっています。そうした研究で、最も知られているのが、脂肪由来の間葉系幹細胞の培養液です。

幹細胞を培養した培養液ですが、幹細胞自体は含まれていないので、化粧品原料としても使用することができるようになりました。
※「ADSC-CM」「PROLIPHIL」「VITA-HA」「SC-MAX」はアンチエイジング株式会社の登録商標です。