;

お問い合わせは 📞 03-3478-0248

Pentide-C

ペンタイドC|浸透型※ペプチドビタミンC誘導体


通常ビタミンCは化粧品にそのまま配合してしまうと、褐変などの品質劣化を起こします。また、ビタミンCは水溶性のため皮膚に塗布しただけでは角質に浸透しません。これらの欠点を補うため、化粧品にはビタミンC誘導体という形態で配合されることが多いです。

「Pentide-C」は、ビタミンCの水酸基にペプチドを結合させ安定化したビタミンC誘導体です。従来の誘導体と大きく違うのは、結合しているペプチドに機能性があるという点です。「Pentide-C」のペプチドはビタミンCと結合したまま角質に浸透します。ビタミンCとペプチドは、ペプチド結合しているため、ぺプチダーゼによってその結合は加水分解されます。その結果ビタミンCがフリーな状態になりやすい設計になっています。

通常のビタミンC誘導体で安定化に使われる物質は、それ自体が機能を持つものは少なく、容易にビタミンCとの結合が解けない物もありますが、「Pentide-C」の浸透型※ペプチドは、ビタミンCを角質に浸透させ、容易にビタミンCとの結合が外れ、ビタミンCがトランスポーターに依存せず働くことができるようにしています。

※角質層まで

 

お問い合わせはこちら

TOP