ずはお気軽にご相談ください。

メールまたは電話でお問い合わせください。

お電話での問い合わせは

AM 10:00 〜 PM 5:00 (土・日・祝日は除く)

  • Facebookの - ホワイト丸
AA_社名ロゴ_w.png

© Anti-Ageing Co.,ltd 2019 All rights Reserved.

ヒト幹細胞培養液について

化粧品原料としての「幹細胞培養液」とは何か?
幹細胞は様々な細胞に分化できる能力を持っています。そのため、幹細胞は様々な細胞が分泌するタンパク質を分泌することができます。幹細胞を培養液中で培養している時に、そうしたタンパク質を分泌させ、その効果を化粧品として活用できるようにしたものが幹細胞培養液です。
RemyStemはヒトの脂肪細胞の中にある幹細胞を取り出し培養した後の培養液です。もともとヒトの身体の中にある細胞が分泌するタンパク質なので、非常になじみがよく安心して利用できます。その反面、非常にデリケートな物質なので、化粧品原料として上手く利用するためには、様々なノウハウが必要です。
「幹細胞」とは何か?
私たちの体の細胞は、自分と同じ細胞に分裂することはできますが、別の種類の細胞に変わることはできません。筋肉の細胞は筋肉に、脂肪の細胞は脂肪としてしか増殖することができません。しかし、細胞の中には別の細胞に変わることができるタイプがあることがわかりました。それが幹細胞です。
 
普段はあまり働いていないように見える幹細胞ですが、例えば皮膚が傷つけられたときには、近くにある幹細胞が皮膚の細胞に変わり、傷の修復を助けます。このように他の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞が幹細胞です。ただ、幹細胞は自分が変わるだけでなく、傷の修復をしている他の細胞に対して様々な指令を出します。
その指令は成長因子と呼ばれるタンパク質や、エクソソームと呼ばれるカプセルのような形で、幹細胞から他の細胞に送られます。それが目的の細胞の受容体(レセプター)に結合すると、受け取った細胞は、傷の修復を活発に行うようになります。
様々な細胞に分化することのできる幹細胞は、病気やケガで失われた臓器や組織の機能を回復するために、盛んに研究されています。人の体から幹細胞を取り出して、数を増やすために培養して、増えた幹細胞を同じ人の体に戻すということが、すでに日本でも行われています。
こうした研究の中で、幹細胞を培養した後の培養液の中に様々なタンパク質が含まれていることがわかってきました。幹細胞を使用しないで幹細胞培養液のみによる研究が

始まっています。そうした研究で、最も知られているのが、脂肪由来の間葉系幹細胞の培養液です。

 

幹細胞を培養した培養液ですが、幹細胞自体は含まれていないので、化粧品原料としても使用することができるようになりました。

なぜ幹細胞の培養が始まったのか?
ヒト幹細胞培養液のためのドナーの選択
ヒト幹細胞培養液を化粧品とするためには、まず培養する幹細胞を採取するドナーの選定から厳しい基準があります。ドナーからヒト幹細胞培養液を製造するための了承を経て、幹細胞を無償で提供いただいています。これは臓器提供と同じレベルの手続きとなります。

通常、ドナーは健康な20〜30代の女性で、幹細胞採取時に感染症の有無や遺伝性の疾患などの検査が行われ、問題がないことが確認されます。脂肪細胞とともに採取された幹細胞は、脂肪細胞を取り除かれ、感染症の潜伏期のリスクを避けるため、6ヶ月間凍結保存されます。幹細胞採取から6ヶ月後に改めてドナーの感染症のチェックを行い安全が確認された後、解凍され培養が始まります

一般的な幹細胞培養とは全く違うRemyStemの幹細胞培養

幹細胞の培養は通常、幹細胞を増やすために培養が行われます。細胞が数を増やすためには多くのエネルギーを必要とするので、何度も細胞分裂を繰り返すと、幹細胞は次第に疲弊してしまいます。
一方でRemyStemの幹細胞の培養は、なるべく細胞の数を増やさないように培養が行われます。この培養方法の違いが、RemyStemの大きな特徴になります。数を増やさないように培養し刺激を加えることで、幹細胞は多くのタンパク質を分泌します。そのため、RemyStemにはタンパク質を豊富に含んでいます。

幹細胞培養の現場では、効率よく幹細胞を増やすために、動物由来の血清を含む培地が長く用いられてきました。増やした幹細胞を患者の体に戻す研究でも動物由来血清の使用は好ましくないものとされ、近年使用されることは少なくなってきました。

 

 

もちろんRemyStemは完全に動物由来血清を使用していない培地で幹細胞の培養を行なっています。

通常、幹細胞を培養する場合、抗生物質は普通に使用されています。幹細胞が増えやすい環境は、細菌にとっても増殖しやすい環境だからです。幹細胞を医療で使用する時には、全く問題がなく必要なことですが、その培養液を化粧品原料として使用する上では、抗生物質が含まれた幹細胞培養液は使用することができません。

もともと幹細胞を増やすためではなく、化粧品原料として幹細胞培養液を作るために幹細胞を培養しているRemyStemには、当然の事ながら抗生物質は含まれていません。

ヒト幹細胞培養液を製造するためにドナーを募り、ヒト幹細胞培養液を製造するための無血清培地で、ヒト幹細胞培養液を製造するために抗生物質を使用せず幹細胞を培養し、RemyStemは製造されています。

多くの可能性を秘めているヒト幹細胞培養液ですが、化粧品原料として見たときの欠点は安定性です。ヒト幹細胞培養液に含まれるタンパク質は、熱など温度変化に弱く、また水溶液中では時間経過とともに構造が変化してしまいます。

 

ヒト幹細胞培養液に含まれるタンパク質は、特有の構造になっています。その特有の構造が壊れてしまうと上手く働くことができません。 そのため、物理的な変化からヒト幹細胞培養液のタンパク質成分を守るために、脂質によるリポソーム加工を行っています。長年、化粧品原料としてヒト幹細胞培養液を扱ってきたがゆえに、その効果を多くの人に知っていただくためには、リポソーム加工をした方が良いという結論に至りました

RemyStem-1(リポソーム化したヒト幹細胞培養液の
ミクスチャー原料)をリポソームにする理由

リポソーム加工することは、お肌への馴染みをよくし角質への浸透を良くするという効果もあります。通常タンパク質は物質としてのサイズが大きいため、浸透力はあまりありません。

 

リポソーム加工はそうした弱点を克服することにも貢献しています。 リポソームとは脂質の二重になったカプセルのような構造のことで、その中には様々なものを抱え込むことができます。細胞膜に似た構造で生体にも非常に馴染みの良い構造となっています

ミクスチャー原料にする理由

もう一つ、化粧品原料としてのヒト幹細胞培養液の弱点は、使用感を得るまでの時間です。ヒト幹細胞培養液は使用感を得るまで、最低でも1ヶ月お使い頂きたいと思っております。 実際にそれまで使い続けて頂ければ、ご満足いただけると確信していますが、ヒト幹細胞培養液を化粧品として初めてお使いになられる方が、その時間使い続けていただけるよう、使用感の早いRemyPep-PとRemyHyal-Cという化粧品原料2つを、ヒト幹細胞培養液に組み合わせてリポソーム化しています。

RemyPep-PとRemyHyal-Cは、ヒト幹細胞培養液よりも早くお肌に働きかけるので、化粧品としてお使いになられる方が、使い始めから良い感触を得られるため、ヒト幹細胞培養液の良さを実感していただくまでの間、使い続けていただくためのモチベーションを提供します。 また素早くお肌の状態を整えることで、ヒト幹細胞培養液の働きを大きくサポートします。RemyPep-Pは材料の提供を助け、RemyHyal-Cはアンチオキシダントとして、ヒト幹細胞培養液を補完します。