ずはお気軽にご相談ください。

メールまたは電話でお問い合わせください。

お電話での問い合わせは

AM 10:00 〜 PM 5:00 (土・日・祝日は除く)

  • Facebookの - ホワイト丸
AA_社名ロゴ_w.png

© Anti-Ageing Co.,ltd 2019 All rights Reserved.

製品情報

ヒト幹細胞培養液 ミクスチャー成分

RemyStem-1(リポソーム化した幹細胞培養液のミクスチャー原料)が

リポソームにする理由

 

多くの可能性を秘めている幹細胞培養液ですが、化粧品原料として見たときの欠点は安定性です。幹細胞培養液に含まれるタンパク質は、熱など温度変化に弱く、また水溶液中では時間経過とともに構造が変化してしまいます。

 

幹細胞培養液に含まれるタンパク質は、特有の構造になっています。その特有の構造が壊れてしまうと上手く働くことができません。 そのため、物理的な変化から幹細胞培養液のタンパク質成分を守るために、脂質によるリポソーム加工を行っています。長年、化粧品原料として幹細胞培養液を扱ってきたがゆえに、その効果を多くの人に知っていただくためには、リポソーム加工をした方が良いという結論に至りました

リポソーム加工することは、お肌への馴染みをよくし角質への浸透を良くするという効果もあります。通常タンパク質は物質としてのサイズが大きいため、浸透力はあまりありません。リポソーム加工はそうした弱点を克服することにも貢献しています。 リポソームとは脂質の二重になったカプセルのような構造のことで、その中には様々なものを抱え込むことができます。細胞膜に似た構造で生体にも非常に馴染みの良い構造となっています

ミクスチャー原料にする理由

 

もう一つ、化粧品原料としての幹細胞培養液の弱点は、使用感を得るまでの時間です。幹細胞培養液は使用感を得るまで、最低でも1ヶ月お使い頂きたいと思っております。 実際にそれまで使い続けて頂ければ、ご満足いただけると確信していますが、幹細胞培養液を初めてお使いになられる方が、その時間使い続けていただけるよう、使用感の早いRemyPep-PとRemyHyal-Cという化粧品原料2つを、幹細胞培養液に組み合わせてリポソーム化しています。

RemyPep-PとRemyHyal-Cは、幹細胞培養液よりも早くお肌に働きかけるので、化粧品としてお使いになられる方が、使い始めから良い感触を得られるため、幹細胞培養液の良さを実感していただくまでの間、使い続けていただくためのモチベーションを提供します。 また素早くお肌の状態を整えることで、幹細胞培養液の働きを大きくサポートします。RemyPep-Pは材料の提供を助け、RemyHyal-Cはアンチオキシダントとして、幹細胞培養液を補完します。

より詳しいエビデンスレポートをご希望の方は、
下記よりお問い合わせください。