ずはお気軽にご相談ください。

メールまたは電話でお問い合わせください。

お電話での問い合わせは

AM 10:00 〜 PM 5:00 (土・日・祝日は除く)

  • Facebookの - ホワイト丸
AA_社名ロゴ_w.png

© Anti-Ageing Co.,ltd 2019 All rights Reserved.

製品情報

ヒアルロン酸アスコルビルプロピル

RemyHyal-C(ヒアルロン酸がエステル結合したビタミンC誘導体の化粧品原料)

 

説明するまでもありませんが、ビタミンCは体内で様々な重要な働きを担っています。そのため、ほとんどの動物がビタミンCを体内で作ることができます。それほど重要なビタミンCですが、サルなど一部の動物とヒトは体内で作ることができません。ヒトがなぜビタミンCを合成する能力を失ったかは謎ですが、そのため体の外から常に補う必要があります。

RemyHyal-Cは、ビタミンCをしっかりお肌に届けるように開発された皮膚専用のビタミンC誘導体です。ビタミンCは強い活性とは裏腹に、大変に不安定な物質です。不安定とは壊れやすい、または他の成分に結びつきやすく、本来の構造を維持しづらいということです。壊れたり他の成分と結びつくと、ビタミンCの機能は失われてしまいます。ビタミンC誘導体RemyHyal-Cとは、壊れやすいビタミンCを安定させるために、ビタミンCにヒアルロン酸を結合させたものです。

一般的にビタミンC誘導体と呼ばれるものには、ビタミンCに結合している物質の違いによって、いくつか種類があります。糖質を結合させたもの、脂質を結合させたものなど様々なものがあります。ビタミンC誘導体において重要なことは安定性ですが、安定しすぎても機能を発揮できないので、お肌に使用した時にその表面で結合が解ける必要があります。
これらの安全性検査の多くは実験動物を使用するため、動物愛護の観点から安全性検査を行ってしまうと、ヨーロッパなどではその化粧品原料を使用した化粧品は販売できなくなってしまいます。そのため最近では化粧品原料に行われることが少なくなってきました。RemyStemは化粧品としては初めてのヒト由来原料のため、販路を狭めてしまうとしても、しっかりとした安全性の確保を行いました。

また、生物由来原料基準に基づいて、各種ウイルス検査や細菌、真菌等の除去を行い、ドナーの個人情報を十分に保護した上で、RemyStemを作製した施設や年月日、行った検査結果をロットの番号等と関連付け、トレーサビリティーを確保する他、品質や安全性の確保に十分な注意を払っています。

RemyHyal-CのビタミンCとヒアルロン酸は、エステル結合という形で結合しています。この結合を解くためには、エステラーゼという酵素が必要となります。エステラーゼは汗などにも含まれているので、皮膚の表面でエステル結合が解け、ビタミンCは本来の形に戻ります。

また、RemyHyal-Cのヒアルロン酸は低分子のオリゴヒアルロン酸を使用しており、素早く角質上に広がりつつ、細かい物理的な凹凸を埋めながら保水層を作ります。角質層が十分に水和された状態で、エステラーゼによって結合を切断されたビタミンCが、お肌に効率的にデリバリーされます。

より詳しいエビデンスレポートをご希望の方は、
下記よりお問い合わせください。