ずはお気軽にご相談ください。

メールまたは電話でお問い合わせください。

お電話での問い合わせは

AM 10:00 〜 PM 5:00 (土・日・祝日は除く)

  • Facebookの - ホワイト丸
AA_社名ロゴ_w.png

© Anti-Ageing Co.,ltd 2019 All rights Reserved.

新しい成分、新しい製法
全く新しいヒト幹細胞培養液
レミーステム
アンチエイジング社を
選ぶということ。
ヒト幹細胞培養液のパイオニア
アンチエイジング株式会社(以下 弊社)は、ヒト脂肪由来間葉系幹細胞を用いた順化培地「幹細胞培養液」の国内化粧品業界におけるパイオニアです。2012年初めてヒト幹細胞培養液を日本に持ち込み、化粧品として利用できるように化粧品原料の表示名称を登録しました。それ以来、ヒト幹細胞培養液の良さを多くの人に実感していただくため活動しています。
※イメージ画像
化粧品原料としての安全性検査とトレーサビリティー
ヒト幹細胞培養液を日本で初めて化粧品原料として登録するにあたって、通常の化粧品原料と違い、細胞そのものは含んでいないとはいえヒト細胞由来の培養液ということもあり、安全性を確保するため化粧品原料としては現在、あまり行われなくなった安全性試験を行っています。

これらの安全性検査の多くは実験動物を使用するため、動物愛護の観点から安全性検査を行ってしまうと、ヨーロッパなどではその化粧品原料を使用した化粧品は販売できなくなってしまいます。そのため最近では化粧品原料に行われることが少なくなってきました。弊社のヒト幹細胞培養液=
RemyStemは化粧品としては初めてのヒト由来原料のため、販路を狭めてしまうとしても、しっかりとした安全性の確保を行いました。

 
また、生物由来原料基準に基づいて、各種ウイルス検査や細菌、真菌等の除去を行い、ドナーの個人情報を十分に保護した上で、RemyStemを作製した施設や年月日、行った検査結果をロットの番号等と関連付け、トレーサビリティーを確保する他、品質や安全性の確保に十分な注意を払っています。
 
ヒト幹細胞培養液「RemyStem(レミーステム)」を選ぶ理由。
アンチエイジング社のヒト幹細胞培養液は弊社技術顧問・李ドンヒがCEOを務める韓国のRemyBio社が製造しています。RemyBio社は、李・ドンヒが幹細胞”培養液”を優れた化粧品原料とするためにフォーカスした研究開発を行うために設立されました。
 
「RemyStem」はRemyBio社の研究の一つの結晶です。アンチエイジング社は設立以来、李・ドンヒの技術による幹細胞培養液の普及に努めてきました。李・ドンヒの歴史は化粧品原料としてのヒト幹細胞培養液の歴史であり、アンチエイジング社は常にその歴史と共にあります。
アンチエイジング株式会社 技術顧問
レミーバイオ社 CEO:李・ドンヒ
製品情報
 
 
​アンチエイジング社からの最新情報