「ビタ-HA」とは皮膚専用に開発されたビタミンC 誘導体です。アスコルビン酸と低分子ヒアルロン酸をエステル結合で安定化しています。表皮に存在するエステラーゼで結合が解かれるので、化粧品処方においても確実なアスコルビン酸デリバリーが可能です。ヒアルロン酸には低分子のオリゴHA を使用していますので、優れた皮膚透過性と線維芽細胞増殖効果、ヒアルロン酸合成促進効果を示すとともに、表皮深部の保水層との浸透圧現象によって効率的にアスコルビン酸のデリバリーが行われます。
「ビタ-HA」はコラーゲン生合成促進効果と線維芽細胞増殖効果、そして免疫機能正常化、抗酸化作用、美白効果が確認されています。

スキントラブルにはアトピー性皮膚炎や、ニキビ、その他様々な症状があり、その原因はとても多様です。私たちの身の回りにあるスキントラブルに対応した製品は、肌表面を覆って原因物質の侵入を防いだり、痒みや炎症を抑えたりと、其々の症状を緩和することを目的とした成分が処方されています。原因が多岐に渡るため、根本的な治癒が難しいのが実情です。しかしながら、トラブルを持つ肌の細胞を調べると、ある共通した特徴があります。

スキントラブルの肌細胞の特徴

トラブルを持つ肌は健康な肌の細胞と比較すると、細胞内の活性酸素と鉄分のレベルに対して相対的にビタミンC 濃度が低いのです。これがスキントラブルの原因と断定することは出来ませんが、要因の一つであることは明らかです。細胞には自浄作用が備わっています。アスコルビン酸ーグルタチオン回路と呼ばれる代謝によって、細胞内の老廃物を除去する「デトックス機能」です。ここで重要な役割を果たすのが「アスコルビン酸=ビタミンC」です。充分なビタミンC を与えられた細胞は、細胞内の老廃物など不必要な物質を排出し、自ら健康な状態に戻る力を取り戻します。
ビタミンC は強い抗酸化力を持つことで有名ですが、私たちの細胞には無くてはならない物質です。皮膚にとってもビタミンC が重要な役割を果たすことはよく知られており、そのためビタミンC 配合の化粧品は古くから開発されて来ました。

しかし、ビタミンC は強い抗酸化力とは裏腹に不安定という特徴があります。不安定とは、壊れやすい、または他の成分に結びつきやすく、本来の構造を維持しづらいことを言います。壊れてしまったり、他の成分と結びついてしまうと、ビタミンC の機能が消滅してしまいます。また、ビタミンC は肌につけると刺激があります。

「VITA-HA」はアスコルビン酸とヒアルロン酸をエステル結合で安定化させたビタミンC誘導体です。
肌に良い成分として知られるヒアルロン酸と結合することで、安定化させるだけではなく相乗効果が期待できる組み合わせです。この「VITA-HA」は、汗などにも含まれるエステラーゼ( 酵素) でエステル結合が解けビタミンCに戻りますので、これまでには無い、肌に特化したビタミンC誘導体と言えます。

化粧品に配合された「VITA-HA」は、ビタミンCとヒアルロン酸が強固なエステル結合で安定した状態で肌まで届きます。肌塗布時には肌表面に水分を多く含んだヒアルロン酸が膜を作り、肌にも天然保湿因子(MNF)や細胞外タンパク質(ECM)などのかたちで多くのヒアルロン酸が存在しますので、肌表面のヒアルロン酸と肌深部のヒアルロン酸が成分が通過しづらい角質層をサンドイッチするかたちになります。

そして、汗などの体液に含まれるエステラーゼ( 酵素) によって、肌表面のビタミンC とヒアルロン酸の結合が解かれます。ヒアルロン酸に挟まれた角質層の細胞間脂質の水分量が上昇し、ヒアルロン酸との結合が解かれたビタミンC が通過しやすい通路がつくられます。肌表面と角質層をサンドイッチするヒアルロン酸層には水分量の差がありますので、水分量の多いところから少ない方へと引っぱり込まれる浸透圧の原理によって、半透膜の様な角質層を通過することができるのです。表皮で結合が解かれたヒアルロン酸は保湿と活性酸素除去の役割を果たし、角質層を通過したビタミンCは真皮に浸透してコラーゲン生成促進、免疫機能正常化、抗酸化、美白の作用を及ぼします。

α-MSHはよく知られているメラニン生成刺激ホルモンで、チロシナーゼ活性、メラニン生成、メラノソームの成熟と輸送等を促進します。B16F10メラノーマ細胞、α-MSH (有/ 無条件)で「ビタ-HA 400」 を含めた各試料を添加し、3日間培養します。「ビタ-HA 400」 は他の試料と比例し、濃度依存的に高いメラニン生成抑制効果が確認できます。

Statistical analysis – Each experiment wasrepeated at least three times. Student’s t-test was used for comparisons. A value of P < 0.05 was considered significant. (*, P< 0.01, **, P<0.001, ***, P<0.0001 compared to α-MSH -treated cells).

※「VITA-HA」はアンチエイジング株式会社の登録商標です。

更に詳しいエビデンスレポートをご希望の方は、下記よりお問い合わせください。