開発ストーリー


アンチエイジング株式会社の誕生はセルインバイオ(CELLINBIO)研究所の発明から始まりました。

セルインバイオ(CELLINBIO)研究所は、生命の神秘「ホメオスタシス(生物学的恒常性)」に基づいた再生医 療素材の研究を行う生物素材研究所です。副作用のないアトピー性皮膚炎の治癒成分や生体接着剤、骨増生 素材、高耐性植物性乳酸菌などを研究開発しており、特に皮膚と成長因子に関連した成分開発を得意として います。

再生医療の分野では近年特に注目を集めている成分があります。その成分とは、幹細胞を培養する際に分泌 される成分、「幹細胞培養液」です。既に世界中の多くの方々がこの成分によって人生の喜びを取り戻しており 、夢のアンチエイジング成分としても注目を集めています。日本でも美肌再生治療や頭髪発毛治療など、最先 端の再生医療現場に導入され始めています。しかしながらこの「幹細胞培養液」は量産化が難しく、コスト高と いう欠点がありました。

「量産化が出来れば、より多くの方々がこの成分の恩恵を受ける事ができる。」

これをセルインバイオ(CELLINBIO)研究所は生物素材研究所の使命と考え、量産技術の研究に着手しまし た。その結果、見事HARV Bio reactorによる自動量産(特許出願)に成功しました。

量産化に成功したセルインバイオ(CELLINBIO)研究所はこの核心的なアンチエイジング成分を一般化でき るよう、化粧品としての製品化に着手しました。化粧品としての製品化には成分以外にもうひとつ大きな要素 があります。それはデリバリーシステムです。どんなに良い成分でも肌の深層部に届けることができなければ 効果を発揮できません。

そこでセルインバイオ(CELLINBIO)研究所は優れたデリバリーシステムの技術をもつ協力企業とタッグを組 み、この成分に適した浸透技術の開発に取組みました。着目したのは経皮吸収型のデリバリーシステムとして 定評のあるナノリポソームです。

しかしながらナノリポソームには二つの欠点があり、化粧品には向かないと言われていました。1つは安定性 の問題です。長期間化粧品の容器の中で構造を維持できないとう問題がありました。2つ目は有効成分をカ プセルの中に入れることでした。セルインバイオ(CELLINBIO)研究所と協力企業は2年の歳月をかけ、この 2つの問題を解決する安定化ナノリポソームカプセル製法技術の開発に成功しました。

こうして製品化に至った化粧品には、研究者独自の視点から生体恒常性を最大限に引き出す様々な有効成分 を配合し、高浸透技術と相まって再生美容を実現する幹細胞レベルのアンチエイジング成分が完成しました。 こうして誕生した 研究所プロデュースの幹細胞化粧品は瞬く間に市場を席巻し、「コスメシューティカル」と いう新たなカテゴリーの中で革新的アンチエイジング化粧品として、アメリカをはじめとする国々で確固たる 地位を確立するに至っています。

開発当事者のD.H. Lee博士は日本の国立医薬品食品衛生研究所に在籍した経歴もあり、日本人の体質や皮 膚にも見知があったことから、各国での成功を背景に、日本市場に向けた日本人のための革新的アンチエイ ジング成分「幹細胞培養液」を我々と共に共同開発いたしました。
「幹細胞培養液」のほかにも、「ホメオスタシス(生物学的恒常性)」に基づいた再生医療素材の研究により開 発されたアンチエイジングのスペシャリティ素材「美肌用ビタミンC誘導体」や「コラーゲン繊維生成促進」な どを日本の企業様に向けてご提供しております。