最新原料セミナーのご案内

「COSME TECH ー 化粧品開発展 ー 」にて、最新原料セミナーを開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております! —————————————————————————— 「コスメシューティカルを実現するバイオアクティブ成分」 日時:1 月22 日(金) 14:40 ~ 15:10 会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 会場内2F 会議室特設セミナー会場 入場無料 着席50 席・立ち見可 —————————————————————————— <セミナー概要> 「コスメシューティカルを実現するバイオアクティブ成分」 今、私たちの身の回りを取り囲む医薬品や化粧品の多くは石油化学によって作り出されています。これまでの成分開発は、膨大な候補物質の中から輝く効果を発揮する成分を探し出す「スクリーニング」という手法を基本的な開発プラットフォームとしていました。 これは、膨大な候補物質を化学的に分解して特定の生理活性を示す化学分子を探し出す、言わば砂漠に紛れ込んだ一粒のダイヤモンドを人海戦術で探しだすような労働集約型の手法でした。こうして探し出した化学分子を石油化学によって人工的に合成し、大量生産する事で低コスト化を図ってきたのです。 化学技術の進歩は20世紀の発展に大きな貢献を果たしましたが、一方で、大量生産、大量消費、そして大量廃棄と天然資源の枯渇、環境汚染を招きました。20世紀はまさに化学(ケミカル)の時代だったといえるでしょう。 21世紀に入り、ヒトゲノム解読プロジェクトの完了にも代表されるように、近年の生物学の発展は目覚しく、スクリーニングとは全く逆の発想での成分開発が始まっています。次第に明らかになり始めたシグナルトランスダクションを解読することで症状に関連するメカニズムを解明し、有効成分をバイオ技術で創出する手法です。医薬品分野でゲノム創薬とも呼ばれるこの新しい手法は、発想豊かなクリエイターの「アイデア」を発端にした知的連鎖思考による開発プラットフォームで、まさに知識集約型の手法といえます。 これを化粧品成分に適用する事で、安全かつ有効な成分を迅速に開発できる時代が既に来ているのです。 これまで化粧品の世界は、油分や有効成分を「補う」ということが主軸となってきました。肌表面を清潔にし、油分水分を補う「天然成分」。そして、化学(ケミカル)の観点から開発・発展されてきたタンパク質を補給するスキンケアから、生物学的観点から開発された「再生して防衛する」という生物学(バイオロジー)へと、新しい発想のスキンケアへのパラダイムシフトが起きています。 私たち人類は100万年の歴史の中で、ゆっくりとしかし着実に進化し、現在の繁栄を築き上げました。私たちの生存を脅かす厳しい気候や病原菌、餓えなどと戦い、免疫力をはじめとする生存するための様々な生体システムを作り上げてきたのです。100万年の進化によって培われた生命の神秘は、化学の力が及ぶことの出来ない可能性を秘めています。 21世紀は生物学(バイオロジー)による、地球にもヒトにも優しいサスティナブルな発展が求められています。 私たちアンチエイジング株式会社は、人類が進化の過程で獲得したこの健康に生存するためのシステム「ホメオスタシス(生物学的恒常性)」をベースにしたバイオアクティブ成分の研究・開発を行っています。   <バイオアクティブ成分のご紹介> ・アンチエイジングペプチド(PROLIPHIL F4) ・ヒト幹細胞培養液(ADSC-CM) ・ビタミンC 誘導体(VITA-HA400)     セミナー